分断される個人

普段は自民党を支持していないけれど「長時間労働を是正し、同一労働同一賃金を実現し、『非正規』ということばをこの国から一掃していく」という言葉には期待したいものがある。非正規な働き方が普通になる事での解消でも構わない。なぜなら本当の問題はレッテルにあると思っているから。

現在の日本では非正規は分断される。バラバラに分解され責任は剥奪され、分割された仕事を渡される。そしてここでの存在をあなたの存在にしてはいけないということが書かれていないメッセージとして渡されるのだ。なぜなら、そこでは私は単なる道具であり、道具としての人生なのであるから。

現在の自分の認識では非正規ではなくフリーランス、非正規ではなく正規の社員を目指すべきだろう。