他人

昨日からアジア人差別の問題をきっかけに、日本人の移民の歴史とか色々検索していた。

アジア人の移民の多い国では、移民が下層の仕事を請け負うことから差別感情が生まれるように思う。

仕事に貴賎はないというのがお題目であることがよくわかる。しかし、仕事のそういった側面はタブーのように語られることはない気がしている。

 

最近、他人がどうにも怖くなってきている。突然近くの人が怒鳴ってくるのではないかという緊張がとれない。そんなことはありえないと思っても、何かトラブルになってしまいそうなむっとしている人は多いように感じてしまう。

海外では日本以上にそのような緊張を伴うのではないか。そもそも日本が最近平和であったほうが偶然で、本当の世界は自分の考えるよりもっと殺伐としたものなのかも。

 

それでも、そうではない人が世界中にいることを願ってしまう。