武装解除

放送大学の公共哲学の教科書で田中智彦氏の書いた「生命・身体と公共性」に印象深い内容が書いてあった。

 

そして倫理が法=権利に還元されるとき、言い換えれば、「生命倫理」の名のもとに行われる公共の議論が、技術的な可能性と安全性の他にはもたないとき、私たちは倫理それ自体を抹消して、しかもそれをあたかも倫理的なことであるかのようにみなしながら、「生政治」の前にいわば自らすすんで「武装解除」することになる。(「公共哲学」第9章  生命・身体と公共性 p150, 放送大学大学院教材)

 

自分が安楽死の議論で感じる説明しがたい気持ち悪さはおそらくここにあると思う。「生きること」が今後バイオテクノロジーにおいてさらに変化し、人工知能において「人間であること」すら変化していくとするなら、近代において行われ、現代につながる生政治は、さらにもう一段階違う方向に進むのではないだろうか。それはおそらく生権力ではない方向なのではないかと自分は感じている。生きることがより物質の側に近づいていくなら、人口がもはや人間である必要がないとするなら、権力はまた違う方向へ網の目を伸ばしていくのではないだろうか。

 

 

 

幻のプログラマを求めて

1927年、リップマンは「幻の公衆」という著作を書いている。リップマンは民主主義の根幹である公衆とその公衆により作られる世論が、我々が考えるほど賢くも賢明でもないことを指摘する。特に、この世界がいよいよ大きなものになり、社会が「大社会」となったとき、古き良きジェファソン的な民主主義は限界を迎える。人々はもはや経験から物事を判断できる力を失い、イメージとステレオタイプに基づき、自己の主張のみを通そうとする。そこには歪んだ世論があり、新聞はもはやそのステレオタイプを強化するにすぎない。

ここに、私は幻のプログラマを見る。プログラマの極めて牧歌的な社会、それはプログラマの意思がコードを通して明確に伝わり、もしくは目の前にいるあの豚野郎に直接口頭で話をすることでなりたつ小さな社会があった。我々は少なくともプログラミングという一つの行為において、共通の理解があり、自身の判断でコードを修正することも可能であったのだ。プログラミングを行うものの増大と、巨大プロジェクトがその小さな社会を壊すまでは。

今では、何が良いコードであるか、このコードを修正することで何が起きるかを判断できるプログラマは職場から消えてしまった。あるのはスパゲティのように複雑化した(誰かが遺していった)巨大なコードがあるだけである。皆が勝手に自身の持ち場でのみ仕事を完遂しようとし、あちこちで炎が上がる。そこにはもはや以前にいた良心のある知識豊かなプログラマはいない。いるのはただのコーダーである。

デューイならそれでも、コードの影響の及ぶ範囲までそのコードに関与したものをプログラマと再定義し、コードとの相関関係によって新たなプログラマ像を提起するだろう。彼は言う「トランザクション」と。

これを救うのはGitHubなのかキータなのか、神のみぞ知るであろう。

 

 

 

匂い

「声」が届けられたとして、私がそれに「声」で返すとする。相手はそれでここに応答が成り立っているし、私が応じていたのだと思うだろう。

場には幾つかの不確定な要素がある。その一つとして匂いがある。匂いは今では信号としての役割を持っていない。しかし、私たちの「会話」の中の全体に掛かるバイアスとして匂いが作用している可能性はないだろうか。

匂いは場をゆっくりと漂う。それは何かかから発していることもあり、複数の様々なものとの複合として場の匂いを作っていることもある。落ちつかせる匂いや、郷愁を誘うような匂いもある。いずれも急激な変化はしない、ゆっくりとその場にあり、場の雰囲気を作るものだ。

鉤括弧で括っている「声」、「会話」を例えばチャット上のメッセージと考えてみる。その場に匂いとして対応するものはあるだろうか。ざわめきでも、水面の煌めきでも表現しえない機能として。